ライブ配信のための機材

ASMRのライブ配信をするための機材とやり方を紹介

ここではASMRのライブ配信をしたいという人のために、使えるマイクや接続方法、やり方など解説したいと思います。

ライブ配信ではなく、YOUTUBEの動画制作を目的とした機材を知りたいという方は、こちらのページをご覧ください。

ASMRを作りたい人必見!バイノーラルマイクの選び方を1から解説

ライブ配信のための機材を紹介する前に、ライブ配信を行う上で必要となる知識「オーディオインターフェイス」という機能を学習しておきましょう。

オーディオインターフェイス講座

オーディオインターフェイスというのは、アナログデータをデジタルデータに変換してパソコンやスマホに音声データを送る機能のことです。

マイクで集音したアナログデータをオーディオインターフェイスでデジタルデータに変換し、パソコンやスマホにリアルタイムでデータを送ることで、ライブ配信が可能になります。

要するにASMRのライブ配信を行うには、必ずオーディオインターフェイスが必要になるということです。

マイク→オーディオインターフェイス→パソコン(スマホ)→ライブ配信サイト→リスナー

という流れで音が配信されるということを覚えておいてください。

ライブ配信を行うにはスマートフォンかパソコンを使うのですが、スマートフォンを使う場合、配信サイトによってはモノラルしか対応していないところもあります。

  • YOUTUBEアプリからの配信 モノラル
  • nicocasアプリからの配信 モノラル
  • Showroomアプリからの配信 モノラル
  • Twichアプリからの配信 モノラル
  • ツイキャスアプリからの配信 ステレオ

このように今のところツイキャスだけがステレオに対応しています。

パソコンを使えばすべてのサイトでステレオ配信ができるので、臨場感あるバイノーラル配信をしたいという人はパソコンは必須です。

ライブ配信をするときに使えるマイク(オーディオインターフェイス搭載型)

先ほどライブ配信をするにはオーディオインターフェイスが必要と言いましたが、ここではオーディオインターフェイス搭載型のマイクを紹介したいと思います。

オーディオインターフェイス搭載型のマイクを使うメリットは、別途オーディオインターフェイスを用意しなくても、パソコンやスマホに直接繋ぐことができる点です。

比較的安価で簡単にライブ配信ができることから、初心者から中級者におすすめです。

Scenes Lifelike バイノーラルマイク

Scenes Lifelikeバイノーラルマイク

ASMRラボでもたびたび紹介しているScenes Lifelikeバイノーラルマイクは、ライブ配信で使うこともできます。

iPhoneのライトニング端子に繋いで配信アプリを起動すれば、すぐにライブ配信をはじめることができます。

別売りのUSB変換アダプタを使えばパソコンで使うことも可能。

Scenes Lifelike PCアダプタScenes Lifelike PCアダプタ

ASMRのライブ配信をもっともお手軽、簡単にできる方法と言えるでしょう。

Scenes Lifelikeはイヤホン型なので、耳に装着して録音することができますが、以下のような専用スタンドを使えば、置き型のマイクにすることもできます。

Scenes Lifelike 専用スタンド

ただ、ホワイトノイズが入りやすい、音質のレベルはそこそこ、といった感じなので音質にこだわる人は他のマイクをおすすめします。

AmazonでScenes Lifelikeを見る

Blue Microphones Yeti USBマイク

Blue Microphones Yeti

海外のASMR YOUTUBERで1番使われているUSBマイクです。

基本的にPCで使う人が多いですが、実はiPhoneで使うこともできます。

iPhoneで使う場合はUSB端子をライトニング端子に替えるアダプタが必要。

USB 3カメラアダプタもしくはapple純正USBカメラアダプタ+USBハブ(バスパワー対応)が必要です。

Blue Microphones Yetiは3つのマイクが内蔵されていて、左右臨場感あるバイノーラル的なステレオモードにしたり、1方向に絞った単一指向性モードにしたり、全方向から音を収録する無指向性にすることができます。

このように用途にあった使い方ができるのがこのマイクの特徴。

音は高音質、低ノイズで値段も手ごろなことから、コストパフォーマンスに優れたマイクと言えます。

とにかくよい音でASMRのライブ配信を簡単に始めたいという人は、Blue Microphones Yetiを買っておけば間違いないです。

AmazonでYeti USBマイクを見る

ハンディレコーダーZOOM H1n

ハンディレコーダーZOOM H1n

ZOOM H1nはハンディレコーダーですが、オーディオインターフェイスの機能が搭載されているので、iPhoneやパソコンに繋げて外部マイクとして使うこともできます。

ASMR動画を撮るときはH1n本体で録音して、ライブ配信のときはiPhoneやパソコンの外部マイクとして使うことができるんですね。

iPhoneと接続する場合は、apple純正のUSBカメラアダプタが必要。

また、ZOOM H1nは、Rolandのバイノーラルマイク「CS-10EM」を使うことができるので、バイノーラル配信もできます。

H1nを使ったバイノーラルライブ配信

このようにZOOM H1nは、レコーダー機能、オーディオインタフェイス機能、バイノーラルマイク使用可能、そして低価格、と至れり尽くせりです。

AmazonでH1nを見る

ハンディレコーダーTASCAM DR-05X

ハンディレコーダーTASCAM DR-05X

ASMR用の機材として人気があるTASCAM DR-05の後継機種「DR-05X」です。

DR-05は、オーディオインターフェイスがなかったのでライブ配信で使うことはできませんでしたが、DR-05Xからオーディオインターフェイスが搭載され、ライブ配信で使うことができます。

ZOOM H1nと同じような機能性になったということです。

唯一、ZOOM H1nと違う点は、マイク方式がAB方式であるという点。

AB方式とXY方式の違い

ZOOM H1nは2つのマイクがクロスしているXY方式ですが、AB方式のDR-05Xのほうがよりバイノーラル的な録音ができるということで、ASMRの配信に向いていると言えます。

DR-05XもH1n同様、Rolandのバイノーラルマイク「CS-10EM」を使って、バイノーラル配信をすることが可能です。

AmazonでDR-05Xを見る

ASMRのライブ配信で使えるマイクその2(別途オーディオインターフェイスが必要)

これまでは本体にオーディオインターフェイスが搭載されているマイクを紹介してきましたが、ここからは別途オーディオインターフェイスが必要なマイクと接続方法について紹介したいと思います。

3dio Free Space

ASMRでよく使われている耳型のマイク「3dio Free Space」です。

Free Spaceはマイクの機能しかないので、ライブ配信で使うにはオーディオインターフェイスが必要です。

amazonで3dio FreeSpaceを見る

Free Spaceはタイプが2種類あって、ノイズに強いXLR端子のタイプと安価なミニプラグタイプがあります。

XLR端子のタイプの場合、XLR端子が2つあるオーディオインターフェイスで使うことができます。

例えばスタインバーグ「UR22mkII」は、比較的安価で高性能なことから人気があるオーディオインターフェイスです。

しかもiPhoneでも使えます。

AmazonでUR22mkIIを見る

ミニプラグタイプの場合、ステレオミニプラグが搭載されている機器で使うことができます。

この場合は、先ほど紹介したZOOM H1nかTASCAM DR-05Xが安価でおすすめです。

Free SpaceからH1n(DR-05X)のステレオマイク端子に挿して、本体に搭載されているオーディオインターフェイスを経由して、パソコンやスマホに繋げます。

ZOOM H1nのステレオマイク端子

要はH1n(DR-05X)を単体のオーディオインターフェイスとして使うわけですね。

RODE NT1aを2台使った方法

RODE NT1aというプロ用コンデンサーマイク2台を使った方法です。

RODE NT1aはレコーディングスタジオなどで定番で使われているマイクで、このマイクを2台使うことで、超高音質なバイノーラル配信を行うことができます。

RODE NT1aはXLR端子になっているので、先ほど紹介したスタインバーグ「UR22mkII」で使うことができます。

他にもXLR端子が搭載されているハンディレコーダーZOOM H6やTASCAM DR-40Xに繋げて使うことも可能。

ZOOM H6

AmazonでZOOM H6を見る

TASCAM DR-40X

AmazonでDR-40Xを見る

ZOOM H6やTASCAM DR-40Xには、以下のようなXLR端子が搭載されているので、RODE NT1aなどのプロ用コンデンサーマイクを使うことができます。

ZOOM H6のXLR端子

もちろんこの2機種にはオーディオインターフェイスが搭載されているので、ライブ配信で使うことができます。

RODE NT1nのようなプロ用コンデンサーマイクは高価なので、今はまだ手が出せないけど今後使いたいと思っている人は、XLR端子が搭載されていて、オーディオインターフェイス機能があるハンディレコーダーを購入するといいんじゃないかなと思います。

ASMRのライブ配信は意外に簡単

以上、ASMRのライブ配信をする際に使えるマイクや接続方法を紹介しました。

特にBlue Microphones Yeti USBマイクは、それ1本でライブ配信することができて、高音質、低ノイズ、低価格というコストパフォーマンスに優れているのでおすすめです。

ハンディレコーダーの購入を検討しているという人は、ZOOM H1nかTASCAM DR-05Xがライブ配信にも使えておすすめです。

ゆくゆくはレベルアップし、プロ用コンデンサーマイクを使いたいと考えている人は、XLR端子が付いているZOOM H6、もしくはTASCAM DR-40Xがいいでしょう。

ASMRのライブ配信をするサイトについては、こちらの記事で詳しく書いているので参考にしてください。

ASMRのライブ配信をしたい人におすすめなサイト5選

いまひとつどのマイクを選んだらいいのかわからないという人は、こちらの記事を見て、一度、頭の中を整理してみてください。

ASMRの動画を作りたい人必見!マイクの選び方を1から解説