ASMR制作のための機材

耳かき系ASMRを作りたい人のためのマイクの選び方

ASMRで人気が高い耳かき音。

ここでは耳かき系のASMRを作りたいという人のために、機材やマイクを紹介したいと思います。

ASMR初心者はこれ!ド定番TASCAM DR-05

ASMRラボでも何度も紹介しているTASCAMのハンディレコーダーDR-05。

ASMR制作で使う機材の中では、ド定番といっていいでしょう。

いろいろなスタイルのASMRで使うことができ、とりあえずASMRをやりたい人はこれ買っておけば間違いない、という商品です。

もちろん耳かき音もいい音で録れます。

ぼくのおすすめな使い方は、DR-05の先端についているマイクに、筒状のコルクを取り付けて耳かきをする方法です。

筒状のコルクを取り付けることで穴が作られ、本当に耳かきをしているような音を出すことができます。

また、コルクの適度な凹凸によって、ガサガサという気持ちの良い音を出すことができます。

DR-05を購入したらぜひ試してみてください。

ちなみにDR-05はオーディオインターフェイス機能が搭載されていないため、スマホやパソコンを使ったライブ配信はできません。

ゆくゆくASMRのライブ配信をしたいと考えている人は、オーディオインターフェイスが搭載されたDR-05の後継機種「DR-05X」をおすすめします。

DR-05Xについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

ASMR用ハンディレコーダーの最終回答!TASCAM DR-05Xが発売

耳型マイクの定番!3dio FreeSpace

耳型のマイクと言えば3dioのFreeSpaceバイノーラルマイク。

ASMR YOUTUBERで使っている人も多いので、見たことがある人もいるでしょう。

FreeSpaceにはシリコン製の耳型が取り付けており、耳の穴に高性能コンデンサーマイクが埋め込まれています。

耳かき音だけでなく、耳をマッサージする音、耳をタップする音なども録ることができます。

ただ、FreeSpaceはマイクの機能だけなので、音を録音するためのレコーダーが別途、必要です。

それでいて価格が5万円~とちょっと高価なので、ASMRを本格的にやりたいという人以外は、DR-05で十分でしょう。

3dio FreeSpaceについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

ASMRでよく見る耳型マイク「3dio FreeSpace」の使い方、録音方法を紹介

耳型マイクその2!AWI SR3D

耳型のマイクはFreeSpace以外でAWI SR3Dという商品があります。

こちらもASMR YOUTUBERに人気が高く、使っている人が多いです。

FreeSpaceよりは若干安めで、耳型マイクをもう少し安く購入したいという人におすすめですね。

ただ、現在SR3DはAmazonでの取り扱いがなく、海外の公式サイトのみの販売になっています。

入力は日本語でも大丈夫なようですが、商品を海外から輸入するため、送料が2,000円ほどかかってしまいます。

それでも欲しいという方は、こちらの公式サイトからどうぞ。

SR3D microphone Store

コスパ最強!自作耳型バイノーラルマイク

これまで紹介した耳型マイク、自作すればかなり安く済ませることができます。

当然、FreeSpaceなどと比べると音質は劣りますが、十分、高音質なマイクを作ることができます。

作り方は、Amazonでシリコン製の耳型を購入し、それに小型のバイノーラルマイクを埋め込むだけ。

自作のバイノーラルマイクは、はんだごてなどを使うので、はんだごてを使ったことがない人には難しいでしょうが、電子工作が得意な人は簡単に作ることができます。

自作バイノーラルマイクに興味がある人は、こちらの記事を参考にしてください。

コスパ最強!ASMRで使えるバイノーラルマイクの自作方法と音質チェック

 

以上、耳かき系ASMRで使える機材、マイクを紹介しました。

どのマイクを買ったらいいか悩んでいる人は、とりあえず最初にDR-05を買っておけば間違いないです。

  • バイノーラルマイク
  • 高音質レコーダー
  • 低ノイズ

と、ASMRに必要な機能がすべてそろっています。

いまひとつどのマイクを選んだらいいかわからないという人は、こちらの記事を読んで、一度頭の中を整理しましょう。

ASMRの動画を作りたい人必見!マイクや機材の選び方を1から解説

こちらの記事もおすすめ!