ASMR制作のための機材

iPhoneでバイノーラルマイクを使う方法のすべて

iphoneで作る方法タイトル画像

ASMR動画はiPhoneで作ることも可能です。

使えるマイクの種類は少ないですが、それぞれメリット、デメリットがあるのであなたにあった組み合わせを選択するとよいでしょう。

ここではiPhoneで使えるバイノーラルマイクのすべてを紹介したいと思います。

イヤホン型バイノーラルマイク「Scenes Lifelike」

イヤホン型バイノーラルマイク「Scenes Lifelike」

iPhoneやiPad専用のバイノーラルマイク「Scenes Lifelike」です。

端子がライトニングになっているので、iPhoneに直接挿して使うことができます。

このマイク、イヤホンの裏側にコンデンサーマイクが取り付けてあり、耳に着けて録ると、人間の耳で聞いたときと同じような音響で音を録ることができます。

lifelike

また、以下のような専用スタンドに取り付ければ、置き型のマイクにすることもできます。

Scenes Lifelike専用スタンド

iPhoneとScenes Lifelikeの組み合わせは、ASMR動画を作る上で一番簡単な機材セットといっていいでしょう。

iPhoneにScenes Lifelikeを挿してカメラアプリで撮影を始めれば、すぐに立体音響を活かしたASMR動画を作ることができます。

こんな感じでASMRを録ることができます。

また、作成した動画は動画編集アプリで編集し、そのまますぐにYOUTUBEにアップロードできるのも大きなメリットです。

わざわざパソコンにデータを移動したり、動画と音声のタイミングを合わせたりといった手間が必要なく、誰でもASMR動画を簡単に作ることができます。

イヤホン型のバイノーラルマイクに、ローランドのCS-10EMという商品がありますが、こちらはiPhoneに直接繋ぐことができません。

iPhoneとCS-10EMを使った組み合わせは、後に紹介していますのでそちらをご覧ください。

ただ、マイクの音質はそれなりといった感じ。ホワイトノイズ(サーというノイズ)も入りやすいので音質にこだわりたい人は、他のマイクをおすすめします。

とりあえず手っ取り早くASMRをやってみたいという人におすすめです。

AmazonでScenes Lifelikeをみる

Blue Microphones Yeti USBマイク

Blue Microphones Yeti USBマイク

海外のASMR YOUTUBERに一番使われているUSBマイクです。

このマイク、PCで使う人が多いですが、実はiPhoneでも使うことができます。

iPhoneで使うには少々ケーブルが複雑になってしまいますが、音はめちゃくちゃよいのでおすすめです。

Blue Microphones Yeti USBマイクを使った動画はこちら

iPhoneで使うには以下の2つのケーブルが必要です。

apple純正のUSBカメラアダプタ

USBカメラアダプタ

セルフパワーのUSBハブ

セルフパワータイプのUSBハブ

iPhoneにUSBカメラアダプタを挿し、セルフパワータイプのUSBハブに繋げます。Blue Microphones Yeti USBマイクをUSBハブに繋げればOK。

あとはiPhoneのカメラアプリを起動して撮影すれば、動画と音声を一緒にとることができます。

YOUTUBEで海外のASMRの動画を検索してみると、かなり高い確率でこのBlue Microphones Yetiが使われています。

それだけ人気が高いということなんですね。

音がいいのはもちろんですが、それでいて低価格なのでコストパフォーマンスがよいマイクと言えます。

ただ、内蔵しているマイク同士の距離が短いので、左右の音の広がりはあまりないです。

この点に関しては、左右のマイクの距離をとれるイヤホン型バイノーラルマイクに軍配があがると言っていいでしょう。

Blue Microphones YetiをAmazonで見る

オーディオインターフェイス搭載のハンディレコーダー

ZOOM H4n

オーディオインターフェイス搭載のハンディレコーダーであれば、ハンディレコーダーに内臓しているマイクを、iPhoneの外付けマイクとして使うことが可能です。

オーディオインターフェイスって何?

オーディオインターフェイスというのは、アナログデータをデジタルデータに変換してパソコンやスマホに音声データを送る機能のことです。

マイクで集音したアナログデータをオーディオインターフェイスでデジタルデータに変換し、パソコンやスマホにリアルタイムで音声データを送ることができます。

この機能を使うことでASMRのライブ配信を行うことができます。

逆に言うと、

ASMRのライブ配信を行うには、必ずオーディオインターフェイスが必要になるということです。

マイク→オーディオインターフェイス→パソコン(スマホ)→ライブ配信サイト→リスナー

という流れで音が配信されます。

オーディオインターフェイス搭載のハンディレコーダー

TASCAM DR-05X

TASCAM DR-05X

ASMR制作の機材として定番のハンディレコーダーDR-05のバージョンアップ版「DR-05X」です。

DR-05Xからオーディオインターフェイスが搭載され、iPhoneにつないで使うことができるようになりました。

マイクは左右外側に向いているAB方式で、高音質なコンデンサーマイクが搭載されています。

DR-05Xは、ASMRの制作で必要な最低限の機能がすべてそろっていて低価格なことから人気があります。

DR-05XにRolandのバイノーラルマイク「CS-10EM」をさして使う組み合わせは、定番といっていいでしょう。

AmazonでDR-05Xを見る

ZOOM H1n

ZOOM H1nZOOM H1n

TASCAM DR-05Xと同価格帯のライバル製品です。

スペック的にはDR-05Xと同じような感じですが、マイクが交差しているXY方式である点が大きな違いです。

XY方式は左右中央の音をバランスよく集音できる特徴があります。

こちらもRolandのバイノーラルマイク「CS-10EM」を使うことができます。

AmazonでH1nを見る

XLR端子搭載のハンディレコーダー+プロ用コンデンサーマイク2台

TASCAM DR05とRODE NT1aiPhoneでASMR動画を作る上で一番、高音質な音が録れる組み合わせです。

プロのレコーディングなどで使われるコンデンサーマイクを2台使うことで、超高音質なバイノーラル録音を行うことができます。

例えばこのようなマイク。

RODE NT1a

よく歌のレコーディングのときに使われたりしますよね。

こういったマイクを2台使うことで、高音質なバイノーラルサウンドを録ることができます。

プロ用コンデンサーマイクを使うには、以下のようなXLR端子が2つ付いているハンディレコーダーが必要です。

XLR端子TASCAM DR-40Xの底面

例えばTASCAM DR-40XやZOOM H4n、ZOOM H6など。

TASCAMのハンディレコーダーDR-40X

AmazonでTASCAM DR-40Xを見る

ZOOMのハンディレコーダーH6

AmazonでZOOM H6を見る

この組み合わせは機材の価格も高くなりますが、音質はこれまで紹介したマイクと比べると段違いです。

これまで紹介したバイノーラルマイクは、厳密にはバイノーラル風マイクです。本来のバイノーラルマイクというのはもっと複雑です。

人間の耳を忠実に再現したバイノーラルマイク「3dio Free Space」

このような耳型のマイクを使うことで、耳の凹凸や左右にくっついている円盤により、音が屈折、回折して、より人間の耳で聞いたときと同じ音響を作り出すことができます。 

まとめ

このようにiPhoneでASMR動画を作るといっても、いろいろな方法があります。

結局、どの組み合わせを選んだらいいのかわからないという人のために、以下にまとめてみました。

  • この先、ASMR動画を作り続けるかわからないけど、とりあえず手軽にASMR動画を作りたいという人はイヤホン型バイノーラルマイク「Scenes Lifelike」
  • iPhoneでも高音質なASMRを録りたいという人はBlue Microphones Yeti USBマイク
  • ハンディレコーダーを活用したいという人は、TASCAM DR-05X+Roland CS-10EM
  • プロ級レベルの音質でバイノーラル録音をしたいという人は、TASCAM DR-40X+RODE NT1a

という感じです。

それぞれ具体的な機種と金額を以下に計算してみたの、参考にしてください。

(価格は変動することがあるので、だいたいの目安としてお考え下さい)

イヤホン型バイノーラルマイク「Scenes Lifelike」

イヤホン型バイノーラルマイク「Scenes Lifelike」 12,000円

計12,000円

Blue Microphones Yeti USBマイク

Blue Microphones Yeti USBマイク 15,271円

apple純正USBカメラアダプター 2,800円

セルフパワータイプのUSBハブ 1,055円

計19,126円

ハンディレコーダー+イヤホン型バイノーラルマイク 「ローランドCS-10EM」

TASCAM DR-05X 12,000円+CS-10EM 8,000円 計20,000円

ZOOM H6 38,000円+CS-10EM 8,000円 計46,000円

XLR端子があるハンディレコーダー+プロ用コンデンサーマイク2台

TASCAM DR-40X 18,000円+rode nt1 20,000円×2 計58,000円

ZOOM H6 38,000円+rode nt1 20,000円×2 計78,000円

金額が上がるごとによって高音質、低ノイズになっていくという感じです。

このような組み合わせから、あなたが作りたいASMRに適した機材を見つけられるといいですね。

こちらの記事もおすすめ!