ASMR録音テクニック

ASMRの動画制作で気になるノイズの除去方法

ASMRの録音でノイズが気になるという人に、ノイズ除去の方法を紹介したいと思います。

前半はノイズ除去ができるソフトやアプリを紹介し、後半はノイズを抑えるレコーディングテクニックを紹介します。

無料でできるノイズ除去

無料のイメージ

現在、スマホのアプリで無料のノイズ除去アプリはないです。ほとんど有料アプリなので、iPhoneを使ってノイズ除去をしたいという人は、iPhoneのところをご覧ください。

ここではパソコンのノイズ除去ソフトを紹介したいと思います。

Audacity

Audacity

Audacityは無料の音声編集ソフトです。

フリーソフトなのに編集ツールが充実していて、かなり使えるソフトです。

ちなみに動画ファイルは読み込むことができないので注意してください。

もし、動画と音声を一緒に撮っている場合は、動画ファイルから音声を抜き出す必要があります。

Audacityで扱えるファイル形式は以下の通り。

  • mp3
  • wav
  • m4a
  • aiff
  • wma
  • ogg
  • flac
  • mp2
  • ac3

これらの音声ファイルをAudacityに読み込ませると、以下のような波形画面が表示されます。

Audacityの編集画面

次にノイズ成分の分析を行うために、ノイズ音だけが鳴っている部分を選択し読み込ませます。

波形画面を拡大させノイズだけが鳴っている部分を選択。

Audacityの編集画面2

画面上部メニューにあるエフェクトというところをクリックして、ノイズ除去を選択します。

Audacityの編集画面その3

ステップ1にある「ノイズプロファイルの取得」をクリックします。

Audacityの編集画面その4

この作業を行うことでどんなノイズなのか分析され、ノイズ除去を行うための準備が整います。

次は、ノイズを消したい部分を選択します。音声ファイルすべてをノイズ除去したい場合は、すべてを選択。

Audacityの編集画面その5

もう1度、エフェクトからノイズ除去をクリック。

ステップ2にある各種パラメータを調節することで、ノイズ除去をすることができます。

Audacityの編集画面その6

基本的に「ノイズの除去(dB)」と「感度(S)」を調節するので、他は特にいじらなくて大丈夫です。

ノイズの除去(dB)はノイズの音量を調節するパラメーター。

感度(S)はノイズとする音の範囲を調整するパラメーター。

値を大きくすればノイズは下げられますが、その分、音が劣化するので適度なところに調節することがポイントです。

ノイズの除去(dB)は、せいぜい12の値まで、感度(S)は9ぐらいまでを目安にするといいでしょう。

プレビューを押して音を確認しながら調節し、ちょうどいい値が決まったらOKボタンを押して完了です。

Audacityの編集画面その7

ただ正直いいまして、Audacityでノイズ除去をするとどうしても気持ちの悪い音になってしまいます。

こんな感じの音です。

なんというか音がつまったような感じといいますか、息苦しい感じの音質になってしまうんですよね。

YOUTUBEにアップしているASMR動画の中でも、ノイズ除去をしたせいで、こういったつまったような音質になっている動画がけっこうあります。

確かにサーというホワイトノイズは消せるのですが、このように音質が劣化してしまうのなら、ノイズ除去はしないほうがいいと個人的には思います。

また、動画編集ソフトにノイズ除去ができるものがありますが、あれも同じように音がつまってしまうものが多いので、使用の際はご注意ください。

とりあえずAudacityのノイズ除去を試してみたいという人は、こちらからダウンロードできます。

「Audacity」無料の音声編集ソフト – 窓の杜

iPhoneでノイズ除去をする方法

iphoneのノイズ除去先ほども言いましたが、iPhoneのノイズ除去アプリで無料のものはありません。

ここでは有料でおすすめなノイズ除去アプリを紹介したいと思います。

Brusfri Noise Reducer

Brusfri Noise ReducerBrusfri Noise Reducerは1080円のノイズ除去アプリです。

実際使ってみた感想は、Brusfri Noise Reducerは最高ということです。

ぼくは今までいろんなノイズ除去ソフトやアプリを試してきたけど、これほど実用性があるノイズ除去アプリはないです。

ほとんどのノイズ除去ソフトやアプリは、ノイズ除去をするとどうしても音が劣化し、聞くに堪えない音になってしまうのですが、Brusfri Noise Reducerはその劣化がほとどなくノイズ除去をすることができます。

冒頭に紹介したAudacityも、音の劣化が起こってしまいます。

なんというか音が締め付けられたような、つまったような音質になってしまうのです。

よくYOUTUBEでASMRの動画を見ていると、ノイズ除去をしている動画を見かけるのですが、正直聴くに堪えないです。

でもこのBrusfri Noise Reducerは、そういったつまったような音にはなりません。

高音が多少カットされますが、それでも音質の劣化はほとんどなくノイズ除去をすることができます。

Brusfri Noise Reducerの使い方

Brusfri Noise Reducerの使い方はとても簡単です。

まず、INPORTでノイズ除去をしたい音声ファイルを選択します。

Brusfri Noise Reducerの編集画面その1

次に音を再生しながらノイズだけが鳴っているところで、耳マークのところを1秒間押します。

Brusfri Noise Reducerの編集画面その2

これはAudacityで行ったのと同じように、ノイズ成分を学習させる作業です。

Brusfri Noise Reducerの場合、ノイズ成分を読み込ませたら自動的に適切な設定がされ、簡単にノイズ除去ができてしまいます。

実際に聴いてみて微調整をしたい場合は、耳マークのところを右にめくると、ノイズ除去の値や音のリリース(残響)などを微調節することができます。

Brusfri Noise Reducerの編集画面その3

他にも

Brusfri Noise Reducerの編集画面その4
  • Edge(音の輪郭の調整)
  • High(高音を強調する調整)
  • HPF(低音ノイズをカットするフィルター)

といったツールを使って音質を調整することもできます。

ただ、あまりいじると元の音質が崩れてしまうので、基本的には変える必要はないでしょう。

調整ができたらEXPORTを押して、ファイルフォーマットとビット数(音質)、ファイル名を入れ、SAVEを押せば書き出すことができます。

Brusfri Noise Reducerの編集画面その5 Brusfri Noise Reducerの編集画面その6

Brusfri Noise Reducerは、これだけ実用的なのに1080円となかなかコスパがよいです。

特にSCENES Lifelike バイノーラルマイクを使っている人は、ホワイトノイズがのりやすいので、Brusfri Noise Reducerをセットで使うといいんじゃないかなと思います。

Brusfri Noise Reducerのダウンロードはこちらからどうぞ
AppStoreで入手

ノイズ要因は音を録る前につぶしておくことが大事

デスクに並ぶパソコンいくら高性能なノイズ除去ソフトを使っても、結局は元の音質が一番いいんです。

だから、音を録音する前に消せるノイズは極力つぶしておくことが大事。

例えば

  • パソコンの動作音
  • 冷蔵庫の動作音
  • エアコンの動作音

これらの音って意外にマイクで拾ってしまうものなんですよね。

レコーダーやマイク自体から発生してしまうホワイトノイズはどうしようもないけど、これらの動作音は電源を切ってしまえば消せるものです。

ASMRの録音時は極力切ってしまいましょう。

マイクゲインを下げて至近距離で録る

マイクゲインホワイトノイズはマイクのゲイン(ボリューム)を上げれば上げるほど大きくなります。

だからマイクゲインを最小限にして録るとノイズが抑えられます。

ただ、マイクゲインを下げると録音音量も小さくなってしまうので、その分、マイクに近づけて録ることです。

ノイズが抑えられた音で、なおかつ輪郭がはっきりした音で録ることができますよ。

そもそもホワイトノイズは消さなくてもいい!【個人的意見】

ここまでいろいろノイズ除去の方法を話しておいてなんですが、ぼく個人的な意見を言うと、ホワイトノイズは別に消さなくてもいいんじゃないの?ということです。

パソコンや冷蔵庫、エアコンの動作音など事前に消せるものは消したほうがいいですが、レコーダーやマイクで発生するホワイトノイズはそこまで神経質になることはないと思うんですよね。

下手にノイズ除去をして音質が劣化してしまうよりも、そのままの音のほうが気持ちよかったりします。

そもそもノイズ音自体もASMRみたいなものなので、ASMRが好きな人はそこまで不快ではないんじゃないかなと。

まぁ、これはぼくの個人的な意見なので、ノイズがどうしても気になるという人は、さきほど紹介したBrusfri Noise Reducerを使うとよいでしょう。