ハンディレコーダー

ASMR制作のためのハンディレコーダーの選び方

ハンディレコーダーの選び方タイトル画像

ハンディレコーダーは値段、性能、拡張性などさまざまなタイプがあります。

ここではASMRの視点から、ハンディレコーダーを選ぶ基準を紹介したいと思います。

あなたのASMR制作に一番適したものを選べるよう、お手伝いできたら幸いです。

AB方式かXY方式か

TASCAM DR-05とZOM H4ハンディレコーダーはマイクのタイプが2種類あります。

左右のマイクの向きが外側に向いているAB方式と、左右のマイクが交差しているXY方式です。

マイクの向きの違いによって、音を集音する方向が変わってきます。

例えばAB方式のハンディレコーダーの場合、左右の音を集音しやすいため左と右の音が分離した音になりやすいです。

逆に真ん中の音に対して感度が悪くなるという特徴があります。

一方、XY方式のハンディレコーダーは、左右の音を集音しつつ、真ん中の音もしっかり集音することができるのが特徴です。

XY方式のほうが左右、真ん中とバランスよく集音できるので、一見、優れているように思えるのですが、ASMRに使う場合、左右が分離しやすいAB方式の方が好まれる場合があります。

よくASMRで左から右、右から左と音の定位が動くバイノーラル的な音を聴くと思いますが、それに近い音響がAB方式です。

XY方式でも左右の音の定位は動きますが、AB方式はもっと広がりがある音で録ることができます。

ASMRで臨場感ある音を録りたいという人は、AB方式のハンディレコーダーが適しているといえるでしょう。

イヤホン型バイノーラルマイクが使えるかどうか

Roland CS-10EM人間の耳で聞くときと同じ状態で音を録ることができるのがバイノーラルマイクです。

先ほど紹介したAB方式も、このバイノーラルマイクに近い音響だと説明しましたが、バイノーラルマイクは人間の耳の位置に近いところで録音できるため、より左右が分離し臨場感ある音を録ることができます。

Rolnad CS-10EMの説明Rolandバイノーラルマイク「CS-10EM」

ASMR制作でバイノーラル録音をしたいという人は、このバイノーラルマイクが使えるかどうかというのは、1つのポイントになるんじゃないかなと思います。

ちなみにイヤホン型バイノーラルマイクは、接続する機器にプラグインパワー対応のステレオマイク端子がなければ使えません。

プラグインパワーってなに?

そもそもコンデンサーマイクというのは電気が必要で、マイクに電気を送ることができなければ機能しません。そのため端子から電気を送れるタイプのマイク端子でなければ、マイクが機能しないのです。その電気を送ることができる機器がプラグインパワーに対応した機器となります。

バイノーラルマイクを使いたいとき、プラグインパワー対応のステレオマイク端子があるハンディレコーダーを選ぶ必要があります。

TASCAM DR-05とCS-10EM

ハンディレコーダーでバイノーラルマイクを使う場合、ハンディレコーダーについているマイクは使えなくなります。

よってバイノーラルマイクをメインに使うのであれば、ハンディレコーダーのマイクはAB方式にこだわる必要はなくなります。

他の機能性を重視して選ぶことができます。

オーディオインターフェイスとして使えるかどうか

マイクとパソコンの編集画面オーディオインターフェイスというのは、マイクから集音した音をデジタル変換してパソコンやスマホに送る橋渡し的な機能です。

このオーディオインターフェイス機能があることで、ハンディレコーダーのマイクで集音した音を、USBを経由してパソコンやiPhoneに送ることができます。

ZOOM H1nのオーディオインターフェイス機能

要するに、ハンディレコーダーをパソコンやiPhoneの外部マイクとして使うことができるというわけなんですね。

このオーディオインターフェイス機能を使うと、ASMRのライブ配信が可能になります。

ゆくゆくはライブ配信もやってみたいと考えている人は、このオーディオインターフェイスがあるかないかというのも重要なところでしょう。

プロ用コンデンサーマイクが使えるかどうか

コンデンサーマイクとレコーディングスタジオASMRのレベルが上がると、さらによいマイクを使いたいと思ってきます。

そのときにハンディレコーダーに、XLR端子があるかどうかというのも大事なところです。

TASCAM DR-40のXLR端子例えば以下のようなプロ用コンデンサーマイクを使うことができます。

RODE NT1aRODE NT1a

このプロ用コンデンサーマイクを2台使うことで、超高音質なバイノーラル録音が可能になります。

TASCAM DR-40とRODE NT1a

よく海外のASMR YOUTUBERで、このようなセットを組んでいる人を見たことがあるでしょう。

ハンディレコーダーにXLR端子が2つ以上あるタイプであれば、このセットが可能になります。

今後、マイクをレベルアップさせたいと思っている人は、XLR端子があるかどうかというのもチェックしてみてください。

4つの基準から比較してみよう

いろいろなハンディレコーダー細かい性能はそれぞれ違いはあるのですが、基本的にどれも録音できる音質レベルやノイズの量などはそこまで変わらないです。

大きな違いは

  • AB方式かXY方式か
  • イヤホン型バイノーラルマイクが使えるかどうか
  • オーディオインターフェイス機能があるかどうか
  • プロ用コンデンサーマイクが使えるかどうか

といったところです。

以下に、現在販売されているハンディレコーダーを、4つの基準で表にしてみたので参考にしてください。

(価格は変動することがあるのでご了承ください)

TASCAM DR-05 TASCAM DR-05X TASCAM DR-40 TASCAM DR-40X
マイク方式 AB方式 AB方式 AB方式 or XY方式 AB方式 or XY方式
バイノーラルマイクの使用 × ×
オーディオインターフェイス機能 × ×
XLR端子 × × 2つ 2つ
価格 8,908円 12,636円 15,173円 19,418円
ZOOM H1n ZOOM H4nPro ZOOM H6
マイク方式 XY方式 XY方式 XY方式
バイノーラルマイクの使用
オーディオインターフェイス機能
XLR端子 × 2つ 4つ
価格 11,188円 18,889円 37,584円

 

ZOOM H6は全部盛り

こうして比較してみると、それぞれある機能、ない機能があるのがわかります。

その中でも、すべての機能を兼ね備えているのがZOOM H6です。

  • XY方式
  • バイノーラルマイク使用可
  • オーディオインターフェイス機能搭載
  • XLR端子

マイクがXY方式ですが、ASMR用ハンディレコーダーのための条件がほぼそろっています。

H6があれば、どんなスタイルでもどんなレベルでも対応できるので、ASMRをやる人にとっては間違いのない機材と言えるでしょう。

AmazonでZOOM H6を見る

以上、ASMRの視点からハンディレコーダーの選び方を紹介しました。

こちらの記事もおすすめ!