ハンディレコーダー

iPhoneでASMR動画を作るためのマイクを紹介

iphoneで作る方法タイトル画像

ASMR動画はiPhoneで作ることも可能です。

使えるマイクの種類は少ないですが、それぞれメリット、デメリットがあるので自分にあった組み合わせを選択するとよいでしょう。

ここではマイク4パターンを紹介したいと思います。

イヤホン型バイノーラルマイク「Scenes Lifelike」

イヤホン型バイノーラルマイク「Scenes Lifelike」

iPhoneやiPad専用のバイノーラルマイク「Scenes Lifelike」です。

端子がライトニングになっているので、iPhoneに直接挿して使うことができます。

このマイク、イヤホンの裏側にコンデンサーマイクが取り付けてあり、耳に着けて録ると、人間の耳で聞いたときと同じような音響で音を録ることができます。

また、以下のような専用スタンドに取り付けて録ることも可能。

Scenes Lifelike専用スタンド

iPhoneとScenes Lifelikeの組み合わせは、ASMR動画を作る上で一番簡単な機材セットといっていいでしょう。

iPhoneにScenes Lifelikeを挿してカメラアプリで撮影を始めれば、すぐに立体音響を活かしたASMR動画を作ることができます。

こんな感じでASMRを録ることができます。

また、作成した動画は動画編集アプリで編集し、そのまますぐにYOUTUBEにアップロードできるのも大きなメリットです。

わざわざパソコンにデータを移動したり、動画と音声のタイミングを合わせたりといった手間が必要なく、誰でもASMR動画を簡単に作ることができます。

イヤホン型のバイノーラルマイクに、ローランドのCS-10EMという商品がありますが、こちらはiPhoneに直接繋ぐことができません。

iPhoneとCS-10EMを使った組み合わせは、後に紹介していますのでそちらをご覧ください。

ただ、マイクの音質はそれなりといった感じ。ホワイトノイズ(サーというノイズ)も入りやすいです。

とりあえず手っ取り早くASMRをやってみたいという人におすすめです。

Scenes LifelikeをAmazonでみる

Blue Microphones Yeti USBマイク

Blue Microphones Yeti USBマイク

海外のASMR YOUTUBERが定番として使われているUSBマイクです。

このマイク、PCで使う人が多いですが、実はiPhoneでも使うことができます。

iPhoneで使うには少々ケーブルが複雑になってしまいますが、音はめちゃくちゃよいのでおすすめしたいです。

iPhoneで使うには以下の2つのケーブルが必要。

apple純正のUSBカメラアダプタ

USBカメラアダプタ

セルフパワーのUSBハブ

セルフパワータイプのUSBハブ

iPhoneにUSBカメラアダプタを挿し、セルフパワーのUSBハブに繋げます。Blue Microphones Yeti USBマイクをUSBハブに繋げればOK。

あとはiPhoneのカメラアプリで撮影すれば、Blue Microphones Yeti USBマイクをiPhoneで使うことができます。

YOUTUBEで海外のASMRの動画を検索してみると、かなり高い確率でこのBlue Microphones Yetiが使われています。

それだけ人気が高いということなんですね。

音がいいのはもちろんですが、それでいて低価格なのが魅力です。

Blue Microphones YetiをAmazonで見る

ハンディレコーダー

ZOOM H4niPhoneで映像を撮影し、音はハンディレコーダーで録音する方法です。

先ほど紹介したScenes Lifelikeを使った方法と比べると、音データをiPhoneに移行する手間がありますが、この方法を使うメリットは、ノイズが少ないクリアな音で録音ができること

Scenes LifelikeやBlue Microphones Yetiは、iPhoneで直接音を録音するので、どうしてもノイズが乗ってしまいがちです。

だから映像はiPhone、音はハンディレコーダー、というように別々にして撮るのが理想なんですね。

ハンディレコーダーの選び方について、こちらの記事で詳しく書いているので参考にしてください。

ASMR作成のためのハンディレコーダーの選び方

ハンディレコーダー+Roland バイノーラルマイク「CS-10EM」

ローランドのCS-10EMというイヤホン型バイノーラルマイクを、ハンディレコーダーに繋げて録る方法です。

Scenes Lifelikeバイノーラルマイクとの違いはノイズです。

音をハンディレコーダーで録るので、ホワイトノイズが少ない音で録ることができます。

ただ、この方法もハンディレコーダーで録音した音データを、iPhoneに取り込まなくてはならない手間があります。

ノイズを抑えたバイノーラル録音をしたいという人は、この組み合わせがおすすめです。

CS-10EMが使えるハンディレコーダー

CS-10EMは、3.5mmステレオマイク端子がついているハンディレコーダーで使うことができます。

ハンディレコーダーの中でも、3.5mmステレオマイク端子がついていない機種もあるので注意が必要です。

ここでは、CS-10EMが使えるハンディレコーダーをいくつか紹介したいと思います。

TASCAM DR-05

tascam DR-05

ASMR制作の機材として定番のハンディレコーダー。

価格が安く高音質であることから人気が高いです。

DR-05をAmazonで見る

ZOOM H1n

ZOOM H1nTASCAM DR-05と同価格帯のライバル製品です。

スペック的にはDR-05と同じような感じですが、マイクが交差しているXY方式である点が大きな違いです。

H1nをAmazonで見る

ZOOM H4n

ZOOM H4ZOOMハンディレコーダーとしては中核的な存在。

バイノーラルマイクが使えて、XLR端子も付いているという多機能なレコーダーです。

こちらもXY方式のマイクを使用しています。

H4nをAmazonで見る

ハンディレコーダー+プロ用コンデンサーマイク2台

TASCAM DR05とRODE NT1aiPhoneでASMR動画を作る上で一番、高音質な音が録れる組み合わせです。

コンデンサーマイクを2台使うことで、バイノーラル的なASMRを録ることができます。

これまで紹介したバイノーラルマイクは、厳密にはバイノーラル風マイクです。本来のバイノーラルマイクというのはもっと複雑で、より人間の耳と同じ音響になります。

人間の耳を忠実に再現したバイノーラルマイク「3dio Free Space」

このようなマイクを使えば、より人間の耳で聞いたときと同じ音響を作り出すことができます。

でもこういったマイクを使わなくても、マイクを2台使えばバイノーラル風録音をすることは可能です。

例えばこのようなマイク。

RODE NT1a

よく歌のレコーディングのときに使われたりしますよね。

こういったマイクを2台使うことで、高音質なASMR動画を作ることができます。

プロ用コンデンサーマイクを使うには、XLR端子が2つ付いているハンディレコーダーが必要です。

XLR端子TASCAM DR-40の底面

例えばTASCAM DR-40やZOOM H4n、ZOOM H6など。

それだけ機材の価格も高くなりますが、音質はイヤホン型バイノーラルマイクと比べると段違いです。

AmazonでTASCAM DR-40を見る

ハンディレコーダーで録った音をiPhoneに移す方法

iphoneへデータ移行ハンディレコーダーで音を録ってiPhoneで編集する場合、録音した音データをiPhoneに移さなくてはなりません。

その方法を紹介します。

ハンディレコーダーにはほとんどUSBが付いていて、USBを使ってデータのやり取りをすることができます。

ただ、iPhoneで使える機種は限られていて、現状、ぼくが把握している機種はZOOMのH1nというハンディレコーダーだけです。

ZOOM H1nはもともとiPhoneでデータ移行ができるように設計されているので、信頼性は高いです。

では、他のハンディレコーダーは、どうやってiPhoneに音データを移行したらよいのでしょう。

SDカードを使ってハンディレコーダーの音データをiPhoneに移行する

ハンディレコーダーはどの機種もSDカードを使っています。

そのSDカードをiPhoneで読み込めば、音データを移行することができます。

しかし、iPhoneはSDカードを挿すところがないので、SDカードリーダーというものが必要です。

Amazonには、iPhoneに対応したSDカードリーダーがいろいろ販売されていますが、一番安価で信頼できるSDカードリーダーがこちらです。

USBカードリーダーPhotoFast「TubeReader」

ちなみにこれはmicro SDカードリーダーです。

なぜmicro SDカードリーダーなのかというと、iPhoneに対応しているSDカードリーダーはmicro SDのものが多いからです。

SDカードタイプよりも安価で、なによりもapple認証(MFI)であるため信頼性が高いです。

TubeReaderをAmazonで見る

SDカードリーダーは、iPhone対応と記載されていてもiPhoneのバージョンアップで使えなくなるものが多いです。apple認証機器であればバージョンアップしても使うことができるので、apple認証(MFI)製品をおすすめします。

しかもこのTUBE READERは、使用する専用アプリがとても使いやすいです。

TUBEREADER専用のアプリ

TUBE READERをiPhoneに挿して、アプリを起動後、「アプリ内に保存」を選択すれば簡単にiPhoneにデータ移行できます。

もちろん音データ以外にも写真、動画、書類などあらゆるデータをiPhoneに移行できるので、1つ持っているとなにかと便利ですよ。

まとめ

このようにiPhoneでASMR動画を作るといっても、いろいろな方法があります。

結局、どの組み合わせを選んだらいいのかわからないという人のために、以下にまとめてみました。

  • この先、ASMR動画を作り続けるかわからないけど、とりあえず手軽にASMR動画を作りたいという人はイヤホン型バイノーラルマイク「Scenes Lifelike」
  • 簡単な方法で高音質なASMRを録りたいという人はBlue Microphones Yeti USBマイク
  • バイノーラルサウンドをクリアな音で録りたいという人はハンディレコーダー+Roland CS-10EM
  • プロ級レベルで高音質なバイノーラル録音をしたいという人はハンディレコーダー+プロ用コンデンサーマイク2台

という感じです。

それぞれ具体的な機種と金額を以下に計算してみたの、参考にしてください。

(価格は変動することがあるので、だいたいの目安としてお考え下さい)

イヤホン型バイノーラルマイク「Scenes Lifelike」

イヤホン型バイノーラルマイク「Scenes Lifelike」 12,000円

計12,000円

Blue Microphones Yeti USBマイク

Blue Microphones Yeti USBマイク 15,271円

apple純正USBカメラアダプター 2,800円

セルフパワーUSBハブ 1,055円

計19,126円

ハンディレコーダー+イヤホン型バイノーラルマイク 「ローランドCS-10EM」

TASCAM DR-05 12,000円+CS-10EM 8,000円 計20,000円

ZOOM H6 38,000円+CS-10EM 8,000円 計46,000円

XLR端子があるハンディレコーダー+プロ用コンデンサーマイク2台

TASCAM DR-40 15,000円+rode nt1 20,000円×2 計55,000円

ZOOM H6 38,000円+rode nt1 20,000円×2 計78,000円

金額が上がることによって、音も高音質になっていくという感じ。

このような組み合わせから、あなたが作りたいASMRに適した機材を見つけられるといいですね。

こちらの記事もおすすめ!